×

CATEGORY

CONTENTS MENU

ITEM LIST

BLAND LIST

SHOP INFORMATION

店長日記

ハテナ堂 店長の長崎です。ミリタリーウェア、グッズを中心にミリタリー以外の物も幅広く取り扱っています。ファション的な物からタフで実用的なものまでいろいろ紹介していきます。よろしくお願い致します。このコーナーでは個人的な趣味、話題などを取り上げています。
店長日記はこちら >>

カレンダー

 

メール会員登録

携帯ページ

QRコード
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

満開でした

  

今朝、近所の山野浅間神社にふらりと散歩に。

桜が満開でした。 昔はもっと桜の木もありましたが、それでもなかなかのものです。
もうしばらく楽しめそうです。

桜吹雪の時も、また風情があっていいですね。

2019-04-04 09:11:56

コメント(2)

折りたたむ

お花見ではなくこれをお目当てに

一昨日の3月29日(金)店の定休日に気になる催し物に行ってきました。

東京の有楽町の丸井で開催されているウドー音楽事務所主催 「UDO海外アーティスト招致の軌跡 熱音時代」

ウドー音楽事務所と言えば海外アーティストの来日公演のプロモーターです。
そのUDOさんの歴史、奇跡に関する展示ということです。




 まさに70年代はイベントのタイトルではありませんが熱音時代でした。 情報源も限られる時代、憧れの外タレ(当時そんな言い方をしていました)を生で観られる! 特にクラプトンの初来日、高校の期末試験そっちのけで武道館に直行した記憶があります。 そんな時代のコンサートの資料、記念品などの展示ということです。 クラプトンに限らず見覚えのあるコンサートパンフ、チラシなどが多数ありました。

 そしてクラプトンが使用、所有していたギターが展示されている! 僕の一番のお目当はこれです。

 入場する際、何かのくじ引きがありまして、箱に手を入れ球を取り出しました。 「残念ですハズレです」 尋ねてみると、当たれば展示のギターを弾くことができるらしいのです。 それを先に知っていれば気合の入れ方も違ったはず。 もし僕の前後の人で、当たりを引いたがギターは弾かない…そんな人がいたら 「その玉、私に譲ってくれませんか…?」 そんなことも頭をよぎったりもしました。


   

  残念ながらクラプトンのギターは弾くことができませんでしたが、間近に見ることができました。 熱音時代、あの頃の懐かしさに浸ることができたのは確かです。

 時間は前後、逆になりますが、そこへ行く前に腹ごしらえでカレー屋さんに。


 
ナイルレストラン 東銀座、歌舞伎座近くにある、1948年創業、日本で最古というインド料理のお店です。



 従業員の方も全てあちらの方。 頼んだのはムルギーランチ。 と言うよりもメニューで料理を選ぶ間もなく、従業員さんがムルギーランチですね! 「…じゃそれで」 になってしまった。 周りを見ると、どのテーブルもムルギーランチ(笑)。 きっとこれが一番のおすすめなのだろう。 ランチ時はこれ一本で勝負なのかもしれない。

 カレーがテーブルに配膳されると、フロアスタッフが鳥の肉を骨からそぎ取ってくれます。
適度な辛さでインドカレーの割には少しコッテリ感があるルー。 それをライスとお肉、すべてをかき混ぜて食べるのが食べ方らしい。
インドの庶民的なカレー料理という感じかも知れない。 どれが高級か庶民的かは僕には分かりませんが。

 さらに時間は前後しますが、この日の最後は日比谷公園に寄ってきました。



 東京の桜が満開を! と言うことですが場所、木の種類にもよります。 全てが満開と言うわけではありませんでした。
それに日比谷公園はそれほど桜の木が多くはないようです。 隣の皇居周辺を周った方が桜は楽しめそうです。

 それにしてもこの日は花冷えもいいとこ、真冬のような寒さでした。 公園の桜の下でお花見をやっている方々、かなり寒そうでした。

 敷いてあるのもブルーシートのみ! これじゃ余計に寒いでしょう。 米軍毛布でも敷いて、ひざ掛け用に更にもう一枚あればかなり違うのに…。 ここでも自分の店の商品が頭をよぎりました(笑) 今度、お花見エリアに毛布の行商にでも行こうか…。 或いは毛布レンタル業か?

 週に一度の休日、たまには出かけることも必要ですね。 ま、何かのキッカケが必要ですが。 そんな休日でした。

 東京の有楽町の丸井で開催されている 「UDO海外アーティスト招致の軌跡 熱音時代」 今日31日(日)までです。
クラプトンのギター、リッチーブラックモア、ジョーペリーのギターを弾けるかもしれません。

 そしてナイルレストランで問答無用のムルギーランチを!(日曜の営業は?)

 

2019-03-30 14:47:35

コメント(0)

折りたたむ

米軍毛布 役に立ちそうですが 

  

  

そろそろ桜も咲きだしましたね。

お花見には欠かせないレジャーシートの話題ですが、今朝、TVを見ているとブルーシートやその他の薄いレジャーシートでは座っていてお尻が寒い! 石や地面の起伏が痛い! そんな話題をやっていました。

そこで、ウチの商品のPR臭くなっちゃいますが、米軍のウール毛布がお勧めですね。
保温性もあり、適度なクッション性、毛布だけど起毛がないのでコップや物を置いても倒れない。 それに汚れも気にならない色ですし…。 更にもう1枚あれば、膝掛けに!

欲を言えば、キャンバスシートとのカップリングは申し分ない! (キャンバスシートですが、現在、加工の職人さんの都合で納期が遅れてしまっていますが…ご迷惑おかけしています。) かなりPR臭くなってしまいましたが、普通のレジャーシートでも毛布は役立ちます。



さらにポーランド製テントほうきもあれば土汚れ対策も万全です! いよいよPR臭くなりましたが…。

ホームセンター物も手軽で良いですが、こんなところもこだわるとお花見も違ってきます。


お花見の幹事さん、ご検討を! 結局、商品PRでしたね。

2019-03-27 10:04:14

コメント(2)

折りたたむ

食べたくなるものです

お勤めの方と違ってそれほど慌ただしい朝ではないが、時計代わりにNHKの朝ドラを見ている。 3月も半ばドラマも終盤である。

時代の荒波を乗り越えながらも家族や周囲に支えられながら即席ラーメンの発明にこぎつけ、世に出す。 さらに新たな商品開発を・・・。

度々、ドラマで映し出される即席ラーメン第一号。 久々?食べたくなった。




というわけで買ってきた。 やはりこれはドラマ内でも和どんぶりで食した方が雰囲気だ。
時代背景も昭和30年代。 自分が生まれた年代。 あの頃はまだラーメンどんぶりは家庭には無かった気がする。

でもこの即席ラーメン、自分の記憶ではそれほど食べた記憶が無い。 後発のブタさんマークのエースコック、チャルメラ…のほうが記憶に残っている。 発売当初は自分もまだ赤ん坊、 物心ついた頃には既に後発の即席ラーメンだったのだろうか?

そして中学時代にカップヌードル登場! 衝撃的だった。 プラスティックのフォークが付いていて、ソフトクリームやアイスカップの様に立ちながら、歩きながら食べられるラーメンだった。 従来の即席ラーメンは家で食べるのが当たり前、カップヌードルは屋外で食べるのがナウかった!

ベルボトムのジーンズ、フォークギター、カップヌードル! そんな時代だったな。 

まんぺいさん、福ちゃんに感服します!

おっと! 朝ドラが始まってしまった。 

2019-03-13 08:08:26

コメント(2)

折りたたむ

米軍毛布



何の分野でもマニアはいるのだが、特にミリタリーの分野は昔からマニア人口が多いジャンルだ。
僕はこの商売をしているが、この分野はそれほどマニアではないと思っている。 ただ長年やっているので、色々な物を見て、売っても来たので、ある程度は知識も入っていると思う。

しかし、仕入れは割と直感で、事前に仕入れる商品情報を綿密には調べないほうである。 

今回珍しく、先日仕入れた1943年米軍毛布デッドストックのラベルに出ているメーカーを探ってみた。

今、一般に出回っている米軍毛布はUSの文字がプリントされている物が多いのだが、ウチが昨年、今年と仕入れた毛布は布ラベルだけ。 ま、そこが珍しくもあり、出回っていない年代物のデッドストックと言うことで輸入した理由でもある(向こうの業者のお墨付きでもあるのだが)。



ラベルにはAMERICAN WOOLEN CO,INC のメーカー名が出ている。 コントラクター名は衣類でも多く見られるが、年代物の、ましては1940年代、70年以上前の物に出ているメーカーはほとんどが現存していないことが多い。

ところがこのメーカーで検索してみるとアメリカのコネチカット州に現存していた。 やはり今もウール製品を製造している会社で数多くの衣類や日常のウール製品を製造していました。

何でも1899年創業で1940年代の第二次大戦時にはアメリカ政府、米軍と契約を交わし毛布やウール素材を納入していることが分かった。 多分、今回仕入れた毛布もその頃の物かと思われます。 

1950年代に入り今度はKOREAN WAR 朝鮮戦争での軍への供給。 これを最後に軍との契約を終了して一般的なウール製品の製造をして今日に至っているようです。

うんちくを並べたが、今はウィキペディアで調べられる時代、昔のマニアさんはさぞかし大変だったことでしょう。
参考までにウィキペディアのページを貼っておきます。 興味ある方は開いてみてください。 ただし英文が長々と…面倒くさいですが。
https://en.wikipedia.org/wiki/American_Woolen_Company

と言うわけで毛布のルーツを探ってみましたが、毛布は毛布、アウトドアライフでも日常でもガンガン使いたいものです。 また、アイディア次第で色々と使い分けができそうな毛布ですね。 

 

2019-03-05 08:02:47

コメント(2)

折りたたむ

Just arrived 店頭に搬入しました。

 
成田空港に貨物が届きました。 



昨年の秋に60枚くらい見つかった珍しい米軍毛布。 先方の業者からも、これが最後・・・。

ところが先月、再入荷の知らせが来ました。 1940年代の未使用品ですのでいつストックが切れるか分かりません。
ということで、今回は多めのロットが来ます。 総重量で400キロの航空貨物です。


と言うわけで本日、無事?通関を終えて、店頭に運び入れました。

1ロットの塊がかなり重く、車に乗せるのも一苦労、店内に入れるのも大変でした。

年代物のデッドストックですので、今後の入荷は先方の業者も仕入れるこちらも分かりません。 タイミングですね。
やはり見つかった時は少し多めに仕入れることに。 それはそれで大変ですが…。

 

2019-02-28 20:35:52

コメント(4)

折りたたむ

思いのほか使えます。

 

先月、輸入したポーランド製テントほうきだが、好評!とまでは行かないがポツリポツリと出ている。 
ビンテージのデッドストックなので、仕入れ先のストックが無くなれば今後お目にかかれない物だろう。


ウチ用に一本使っているのだが、結構活躍している。

玄関の下駄箱に掛けているのだが、チョットしたホコリ掃き(ウチはチョットしたホコリどころではなく、掃ききれないのだが)、衣服にまとわりついた犬の抜け毛払い、これがなかなか使えて、よく払えるのだ。 ホウキの毛先の弾力、張り具合がいいのだろう。 それに天然素材なので静電気が起きない! 昔、理髪店などで椅子から立ち上がると同時にホウキでササッと体を払われた覚えがある。

そして今の時期、玄関先で衣服をササッ! 花粉払いにも効果的だろう。 

このホウキ、テントのなどのホコリ払い以外にも日常に使える。 ま、当たり前の話なのだが。 一番は天然素材が気持ちいい!
店内ではお客さんに珍品扱いされているが、思いのほか愛着が湧きますね。

2019-02-26 08:11:11

コメント(0)

折りたたむ

そろそろ改造癖が


  

3~4年前に買ったギター、ロアTHE LOAR LH-319-VS。 今は国内でも売られているが、その頃はこの手のカッコいい物が国内には無くて(ギブソンは別として)アメリカの楽器店から購入しました。 それほど高価な物ではないのですが、やはり手ごろな価格とルックスに惹かれて…。 クラプトンやセス・ウォーカー(SETH WALKER 日本ではあまり知られていませんが)が使っていて欲しかったタイプのギターです。 本家本元のギブソン社のES-125はビンテージしか無く、今でもリイシュー物はありませんね。

そのLOARギターなんですが、どうもネックの形状がきついV型で、弾く時に割とストレスを感じていました。
そこで3~4年経った今頃、そろそろ改造癖が出てきて、自分でネックの形状を変えてしまいました。ま、手ごろな価格のギターと言うこともありましたし、弾きやすくなるに越したことがありませんからね。

以前にも少し手を加えて、ピックガードを手作りして設置したり、ツマミ類を取り換えたりもしていますが。


  
思い切ってやって正解です。かなり弾きやすくなりました。 仕上げの塗装もあえて改造の痕跡を残す感じで。

と言うわけで昨晩、動画を撮ってみました。 上の動画は現在、下の物は購入当時の動画です。 ギターのルックスの違いも分かります。


 https://www.youtube.com/watch?v=JWgymqnGykI




https://www.youtube.com/watch?v=yLqDZrXJY50

久々に改造癖が出ました。

2019-02-17 09:39:55

コメント(2)

折りたたむ

ポカポカ陽気のち雪


昨日の天気予報通り、朝起きると雪が積もっていました。

数日前には3月下旬から4月の陽気…。 テレビメディアは暖かくなれば大げさに。 寒くなればなったで、これまた大げさに…。
まだ2月の初旬、雪が積もっても不思議ではありませんし、春も近づいているわけでポカポカ陽気もありますよね。



これを使わない手はない! と、先日アメリカから仕入れたポーランド製のテントほうき、ベランダに置いてあった日除けとして使っていたパップテントの雪を払ってみました。 なるほど使い勝手が良いです!

欧米でも雪が多いエリアでは昔からこのホウキを衣服や靴の雪払いとして玄関先に置いておくようですね。 もちろんキャンプでのテントほうきとしても役立ちますね。


MYほうきとして自分も1本、下ろしてみました。 
ここ千葉県では雪払いとしての役目はめったにありませんがね…。 テントやシート、衣類のホコリ払い位ですかね。

2019-02-09 23:03:30

コメント(2)

折りたたむ

JUST ARRIVED FROM USA



アメリカから貨物が到着しました。 米軍パップテントもどうにか見つかりました。 現地仕入れ価格の値上がりもあり、少し価格を上げざるを得ませんが程度の良い物が見つかりました。 かなり見つけるのに苦労しているようです。

また、珍しいポーランド製で年代物の未使用デッドストックのテントほうき、本革ストーブグローブなども入荷しました。
店舗、サイトでも紹介しますのでよろしくお願いします。

 
 
                                                                   ポーランド製,年代物の未使用デッドストックのテントほうき
 

本革ストーブグローブ

   

 

2019-01-25 07:40:16

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

NEW ARRIVAL

NEW ARRIVAL

HATENADO ITEM LISTHATENADO ITEM LIST

ジャケット・コート
パンツ
帽子・ハット
Tシャツ
スウェットシャツ・セーター
手袋・グローブ
バッグ・ポーチ
ブーツ・シューズ
ニットキャップ
つなぎ・フライトスーツ
ベルト
タープ・カモフラネット
ミリタリー・アウトドア小物
ポンチョ
アンダーウェア

ABOUT SHOPPING

お支払い方法

お支払いは、代金引換、銀行振込、クレジットカード払い、オンラインコンビニ決済、ネットバンク決済がご利用頂けます。
代引手数料は一律324円

送料について

全国一律500円

※一部対象外の商品もございますので、予めご了承下さい。
※離島については別途ご連絡いたします。
※商品代金が20,000円以上お買い上げいただきますと送料が無料になります。

返品・交換について

商品の管理、取り扱いには、細心の注意を払っておりますが、万が一傷や落ちない汚れ等がございましたら、7日以内にご連絡くださいませ。在庫があれば交換、無ければ返金をさせていただきます。その際は着払いにて商品を返送ください。お客様のご都合での返品もお受けいたしますが、その際の送料はお客様のご負担でお願いいたします。

● 注意事項
インターネットの性質上、写真と実物の色が異なる場合がありますが、あらかじめご了承ください。離島は別途お見積もりになります。お問い合わせ下さい。

購入手続案内

・銀行振込、コンビニ決済、ネットバンキング決済はお支払い確認後の商品発送となります。
・当店ではネット販売と実店舗販売をしていますので、ご注文商品が実店舗で先に無くなる場合もあります。その際は、ご連絡します。

配送業者について

● 配送方法
商品の配送はヤマト運輸にて行います。

● 納期在庫のある商品に関しましては決済完了後、5日以内に発送いたします。在庫切れの商品に関しましては、3,4週間以内に発送いたします。詳細は別途ご連絡いたします。

お問い合わせ先

● ご質問・お問い合わせ
掲載商品やそれ以外の商品につきましてのお問い合わせをE-mail、FAX、お電話で、お受け致します。
お気軽にお問合せください。
E-mail:info@hatenado.com
TEL/FAX:047-431-6497
担当:長崎

会員規約

第1条 会員の登録

1.入会金・年会費は、無料です。2.本規約を同意の上、会員登録を行なってください。3.同じメールアドレスでの複数登録は、無効とします。

第2条

会員情報の変更 住所、電話番号などの会員情報に変更が生じた場合は、当店までお届けください。

第3条

会員の退会 会員が退会を希望する場合には、当店までメールにてご連絡ください。退会手続きの終了後、退会となります。

第4条

本サービスの変更・廃止 当店の判断により、本サービスを変更・廃止をすることが出来るものとします。