×

CATEGORY

CONTENTS MENU

ITEM LIST

BLAND LIST

SHOP INFORMATION

店長日記

ハテナ堂 店長の長崎です。ミリタリーウェア、グッズを中心にミリタリー以外の物も幅広く取り扱っています。ファション的な物からタフで実用的なものまでいろいろ紹介していきます。よろしくお願い致します。このコーナーでは個人的な趣味、話題などを取り上げています。
店長日記はこちら >>

カレンダー

 

メール会員登録

携帯ページ

QRコード
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

興味がある方はぜひ! ALONE 一人で観に行っても良いですね。

  

先日、映画配給会社から電話があり、これから始まるあるロードショウのチラシを送ってもよろしいでしょうか? こんな内容でした。

昨日、その映画のフライヤーが届きました。 アーミー・ハマー主演 ALONE アローン

ミリタリー好き、またそれ以外の方も興味がある方は是非! 僕も興味がありますね。 たまには映画でも観に行こうか…。

 

2018-06-11 09:40:33

コメント(0)

折りたたむ

この作業、実は結構キャリアが長い



 



 以前、ステンシルペイントでフライトジャケットなどにアレンジを施して販売したことをこの日記でも取りあげたことがある。

 衣類だけではなく店の外部にもチョットした看板を自分で作ったりもする。 店前を通りかかる人もよくこの手造り看板を写真に収めていく人も見かける。

 型紙に自分でデザインして切り抜いた物や初めから文字デザインが抜かれている物など型紙はかなりの数持っている。 自分で言うのも何だが、ステンシルキャリアは長い。 それも年齢的な経験ということだが。

 初めてこのペイント作業をしたのは、記憶では高校生の頃だったはず。 もちろんステンシルなんて呼び方もしていなかった。 ただ、子供の頃から弾箱やジェリ缶などの箱モノにスプレーペイントされていた軍用品は見覚えがあった。 しかしやり始めの動機はミリタリーを意識したものではなかったと思う。 
 
 



 日本のロックの黎明期1972年、成毛 滋、つのだヒロ、高中正義(当時はベーシスト)のトリオバンド伝説のフライド・エッグ。 このレコジャケに大いに刺激された。

 今では普通であるが、コンサート会場で見かける機材、ギターアンプ、ケースなどにはよくステンシルペイントがされている。 このフライド・エッグのレコジャケのデザインも機材にペイントされている物をイメージしているはずだ。

 何にでも感化されてしまう年頃、早速僕も段ボールなどを切り抜いては自分のギターケース、アンプなどにスプレーしていたことを思い出す。 そのギターケースを学校に持っていくと、バンド仲間からも依頼を受け仲間の物にもやってやった記憶がある。

 そして、今でも昔取った杵柄ではないが、ふと思いつくと始まっている。 ボカシを入れたり、重ね塗りをしたりと子供の頃よりは進化している。

 ただ、切抜き作業は目が疲れたり、肩が凝ったりと勢いよくできなくなってしまった。 残念ながらそこは退化してきている。 仕方がない…。

 このスプレーペイント作業、厳密には小、中学生の頃のプラモ作りで戦車や戦闘機に迷彩柄をスプレーペイントしたのが出発点かも。 ということはミリタリーが絡んでいないわけでもない。



 

2018-06-07 22:02:53

コメント(3)

折りたたむ

アメリカから成田に着きました。

 

成田空港に航空貨物が到着しました。 

   


久々に米軍パップテントなどが入荷しました。 ただ、航空貨物運賃の高騰、為替レート、仕入れ事情…販売価格は申し訳ございませんが値上げせざるを得なくなりました。 軍放出品は商品の特性上ある意味、時価的な面もありますので、ご理解下さい。 食料品の隠れ値上げの様に価格は据え置きながら、中身の量を減らしたりはできませんし、当然ですがテントのポールやペグの本数は減らせませんしね…。 

それにしてもアメリカでのサープラス品、パップテントに限らず1940年代~1980年代の物は衣類を中心に減ってきましたね。 作り続けているわけではありませんし、無くなって行くのは当たり前の話ではありますが…。 

ただ今回はレアなM-51パップテントも良いコンディションで見つかりました。


というわけで店頭、HPで案内中です。 よろしくお願いします。

2018-05-30 07:51:36

コメント(0)

折りたたむ

雨が待ち遠しいわけではないが



ここへ来て、近所の工事が急ピッチに進み出した。

近所にあった広い駐車場や宅地がなくなり、そこに多分マンションや分譲住宅が建設されるようだ。

店の向かい側、裏手がそうなのだが、そこにあった大きな樹木なども開発のため取り除かれた。




前の日記にも書いたが、強風の影響で店の看板が心配になり補強作業もした。
実は看板だけでなく屋根も心配箇所があった。

古い建物なので瓦はコンクリートのスレート瓦。 以前にも看板同様、自分で補修作業はやっていたが久々に別の箇所から雨漏りが。
長く放っておくわけにもいかず、久々に屋根に上がった。

 

素人ながら小道具は色々とある。 コーキング剤だけ買ってきて作業が始まった。

雨漏り補修ははなかなか難しい。 染み出たところが原因とは限らない、その上の箇所に原因があって、そこから伝って流れて染み出たのかも知れない。 室内の漏れ箇所をスケールでおおよそ測り、屋根に照らし合わせポイントを絞り込む。 そして破損部分、瓦のズレた箇所を見てその近辺に手を入れる。 バケツ、ジョウロを持って水を流してチェックするのも面倒なので後は雨待ち。 

こんな時は子供が買いたての傘、長靴を早く使いたくて雨を待ち望む気持ちになる。

いざ降ってみて 「ポタッ、ポタッ…」 これはこれでショックではある。

春の嵐で看板に影響があったり、今回の屋根瓦もそうだが風の影響がかなりあるような気がする。

周りに合った大きな樹木が開発によって切り倒された。 今まで防風林として強風を吸収してくれていたのは間違いない。 昔の土地所有者は何十年、何百年?前にそんな目的で理にかなって樹木を植えていたのだろう。

景観だけではなくこんなところにも影響が出る。 特に貧弱な老朽家屋はひとたまりもない。 自己防衛にも限界がある。 やれやれである。

古い建物は何ともしがたいが、せめてハテナ堂のHPぐらいは少し新しくしないといけない。 セキュリティーなどの面が最重要である。
ということで何とかリニューアルしました。 以前のHPは10年は過ぎていた。 それに長年慣れてしまうと少し違和感もあるかもしれませんが、画像なども見やすくなったと思います。 自分でも 「あれ?この部分、以前の物はどうだったかな?」 既に思い出せなくなっています。 新しい物にも自然に慣れていくと思います。

皆様も少し違和感があるかもしれませんが、これまで同様よろしくお願いします。 

この日記のコメントにも書きこみましたが、今のHPでも公開後に多少デザイン面で手直しをしています。 ひょっとしたら手直しする前の物を見ている方もいるかもしれません。(価格の表示が発色系の赤が強いもの) 最新のものは暗めの赤になっています。 最新の情報を取り込むにはスマホの場合、キャッシュのクリアをしたり、PCの場合、ページを開いた状態でCtrl(コントロール)キーとF5キーを同時に押せば最新に更新するようです。

よろしくお願いします。

2018-05-22 09:16:51

コメント(2)

折りたたむ

ちょっぴり連休気分

皆様、大型連休、どう過ごされたのでしょうか? 僕は通常通りの日課でした。 普通の定休日にあたる5/4日(金)に一人ふらりと都内散策に出かけました。

御茶ノ水、九段下…よく行くエリアですが、いつも素通りしていた場所に行ってきました。




九段下から北の丸公園を抜け出た所の皇居のお堀、北桔橋門(きたはねばしもん)から皇居、東御苑へ行ってみました。



そこは宮内庁の管轄、軽い手荷物検査を受け通行手形をもらい中に入ります。 外国人旅行者も多いので裏面は英語表記です。
いつものミリ系が強いスタイルだと不審がられるかもしれません。 今日は軽いミリ系カジュアルだったので簡単にスルーしました。

 


ここは江戸城があった場所、驚くほど大きな切石で築き上げられた石垣に圧倒。


 
かつて天守閣があった天守台に登ってみました。


天守台頂上。 なんだかメキシコ、ペルーあたりの古代遺跡にいる感じ。 そこから眺める都心の高層ビル群。 不思議な感じです。




江戸城の面影が残る所も数か所、この富士見櫓(やぐら)もその一つ。 天守台からここに来る間にも、現存はしていないが大奥があった場所、忠臣蔵の発端となった松の廊下跡地などもあり、歴史に疎い僕でさえ感慨深い気持ちになりました。


 

のんびりと東御苑を散策して通行手形を返却して大手門から外に出た。 逆コースで大手門からも入れます。

ここはもう丸の内、東京駅もほど近い。 


出来たばかりの東京駅から皇居にまっすぐ伸びた通り(はるか遠くに小さく東京駅が見えます)。 連休なのに意外と人がいませんでした。
「あれ?ここ歩いちゃいけなかった?」 そんな感じでした。

少し歩けば日比谷です。 日比谷界隈は再開発も終わり小洒落たお店、レストランが立ち並びます。 ここは連休とあって人が溢れていました。 人混みだったので僕はそこをスルーしてすぐさま地下鉄の入り口に入り帰路につきました。

連休というものはありませんでしたが、定休日の1日、少しだけ世間で言うゴールデンウィーク気分を味わえました。 



 

2018-05-06 21:43:52

コメント(0)

折りたたむ

気候に合わせてリメイク。

ゴールデンウィークはどうお過ごしでしょうか?

気候の変化も目まぐるしく変わる昨今、一昨日の5/1はやたら暑かったですね。 夏と違って湿度が無いのが救われます。 
着る物の選択も 「半袖にするか、長袖にするか…」 迷いますね。 

数日前の新入荷で3/4袖(7分袖)のサラリとしたトロピカル素材のプルオーバーシャツがありますが、また7分袖が流行り出しましたね。 そのシャツを見ていて 「そうだ今の時期半袖でもない、長袖でもない、7分袖が良いんじゃない!」  こんな気持ちになりました。


 

というわけで、今年初めにフランスから輸入したEU SURPLUSのプルオーバータイプのシャツを改造しました。
と言っても、自分の着ていた物ですが。


 
試しに袖を3/4サイズにカットしてみました。

 
シャツのデザインがプルオーバーということでそれほど違和感が無く出来上がりました。
薄い素材ではないのですが、筒状の7分袖がこの時期には丁度いい感じです。

職場上、目の前にミシンがあるので思いつきでこのような事はよくあります。
また、カットしたものの秋口、初冬になって 「カットしなきゃ良かった…」 なんてこともありますが、それはそれで別の物を着ればいいことなんですが。

ネット上ではこのシャツ、カットした物は出していませんがご希望でしたら無料でカットすることもできます(その場合、メールにて連絡を)。  と言っても残り数枚しかありませんが…。

少し営業トークになってしまいましたが、思いつきで手を加えるのもアリですね。




ホントに涼しさを求めるのでしたら、やはりこちらでしょ!

営業トークになりました。

 

2018-05-03 07:54:30

コメント(2)

折りたたむ

昭和レトロを再現したわけじゃないのですが。



今月、2回春の嵐があった。 

1回目の日中に吹き荒れた強風。 店の中にいても外のトタンの看板がバコンバコンと鳴っているのが分かる。
強風でなくとも、トタンが鳴るのは慣れていたがその日は変な予感。

外に出て上を見上げると、看板が風に煽られて揺れている。 これはまずい!と急いで2階に上がり看板の裏に入った。 
すると、看板を支えている数本の垂木の釘が抜けていた。 

強風はまだ続きそうだ。 看板も揺れている。 以前の修理で余っていた材木を急いで持ってきて、電動ドライバーとネジ釘で応急処置。
どうにか揺れは収まった。 

数日後の定休日、材木を買い込んで本格的な修理をした。 

この看板、取り付けてから40年近く経っている。 10年に一度くらいは何かにつけて補修してきた。 工務店に足場を組んでもらい、自分で塗り替えをしたこともある。



もうとっくに塗り替えの時期が来ているのだが自分もあのころとは違って、足場でペンキを持って作業する気も起きない。
とりあえず、看板裏の補強だけはしっかりやっておいた。  おかげで2回目の未明から早朝にかけての春の嵐では無事であった。

「お~渋い看板!何の店?…」 「あれわざと古めかしく作ったんじゃないの…」 道路向こうでこんな若者の会話が聞こえたこともあった。 

昭和レトロをわざと再現したアミューズメント施設の看板じゃない! リアルに古くなっちゃったんです。

看板、店舗、古い物を維持するのも大変なんです。

 

2018-04-24 08:44:30

コメント(2)

折りたたむ

アメリカから貨物の到着です。

 

   

アメリカからサープラスアイテムの到着です。

今回は久々の米軍折り畳みスコップ、E-TOOLの新品。 カバーも新品ACUモール式カバー。 キャンプの必須アイテム。

また、これも2年ぶりの放出品米軍デザートブーツ。 このデザインがスタンダードでカッコいいですね。 しかし年々このデザインの物はアメリカ政府から放出されなくなってきました。

両方とも政府からの放出が非常に少なくなってきています。 ぜひこの機会に!

通関後、店頭に搬入出来次第、ホームページで紹介します。

2018-04-10 11:52:44

コメント(0)

折りたたむ

日進月歩

 MILITARY CASUAL OUTDOOR WORK

店の老朽化は何ともしがたいのだが、インターネットのホームページなどはセキュリティー、管理システム…など日進月歩で変わっていく。

ウチのホームページも管理システムなどの入れ替え時期が来ていて、現在入れ替え作業をやっている。

お気づきの方もいたと思いますが、数日前のウチのHP、デザインは大きく変えていないのだが画面がワイドになっていたり、スマホ対応になっていたり 「あれ!?」 と思った方もいたと思います。

今はまた以前のHPを使っていますが、現在 「あ~だ、こ~だ」 と進めているところです。

ネット販売、購入には今まで通りできますので、多少画面が変わっていても問題ありません。 よろしくお願いします。

セキュリティーも今まで以上に強化します。 そしてより魅力のある商品も紹介していきますのでよろしくお願いします。

 

2018-03-31 08:50:00

コメント(3)

折りたたむ

貨物がアメリカから

     

成田空港にアメリカからの貨物が届いた。

米軍アリスパックセット+α…。

もう一件、あるのだがまだアメリカを出ていない。 北東部の州から来るのだが今朝のニュースではアメリカ北東部では暴風雪の非常事態宣言、4000便の飛行機が欠航らしい。

空港で機内搬入待ちか? あるいはまだ業者の倉庫にあるか? まだ梱包されていなかったり…。

向こう相手の仕事、多少の気長さも要求される。 客はこっちなのだが。

 

2018-03-22 08:39:02

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

NEW ARRIVAL

NEW ARRIVAL

HATENADO ITEM LISTHATENADO ITEM LIST

ジャケット・コート
パンツ
帽子・ハット
Tシャツ
スウェットシャツ・セーター
手袋・グローブ
バッグ・ポーチ
ブーツ・シューズ
ニットキャップ
つなぎ・フライトスーツ
ベルト
タープ・カモフラネット
ミリタリー・アウトドア小物
ポンチョ
アンダーウェア

ABOUT SHOPPING

お支払い方法

お支払いは、代金引換、銀行振込、クレジットカード払い、オンラインコンビニ決済、ネットバンク決済がご利用頂けます。
代引手数料は一律324円

送料について

全国一律500円

※一部対象外の商品もございますので、予めご了承下さい。
※離島については別途ご連絡いたします。
※商品代金が20,000円以上お買い上げいただきますと送料が無料になります。

返品・交換について

商品の管理、取り扱いには、細心の注意を払っておりますが、万が一傷や落ちない汚れ等がございましたら、7日以内にご連絡くださいませ。在庫があれば交換、無ければ返金をさせていただきます。その際は着払いにて商品を返送ください。お客様のご都合での返品もお受けいたしますが、その際の送料はお客様のご負担でお願いいたします。

● 注意事項
インターネットの性質上、写真と実物の色が異なる場合がありますが、あらかじめご了承ください。離島は別途お見積もりになります。お問い合わせ下さい。

購入手続案内

・銀行振込、コンビニ決済、ネットバンキング決済はお支払い確認後の商品発送となります。
・当店ではネット販売と実店舗販売をしていますので、ご注文商品が実店舗で先に無くなる場合もあります。その際は、ご連絡します。

配送業者について

● 配送方法
商品の配送はヤマト運輸にて行います。

● 納期在庫のある商品に関しましては決済完了後、5日以内に発送いたします。在庫切れの商品に関しましては、3,4週間以内に発送いたします。詳細は別途ご連絡いたします。

お問い合わせ先

● ご質問・お問い合わせ
掲載商品やそれ以外の商品につきましてのお問い合わせをE-mail、FAX、お電話で、お受け致します。
お気軽にお問合せください。
E-mail:info@hatenado.com
TEL/FAX:047-431-6497
担当:長崎

会員規約

第1条 会員の登録

1.入会金・年会費は、無料です。2.本規約を同意の上、会員登録を行なってください。3.同じメールアドレスでの複数登録は、無効とします。

第2条

会員情報の変更 住所、電話番号などの会員情報に変更が生じた場合は、当店までお届けください。

第3条

会員の退会 会員が退会を希望する場合には、当店までメールにてご連絡ください。退会手続きの終了後、退会となります。

第4条

本サービスの変更・廃止 当店の判断により、本サービスを変更・廃止をすることが出来るものとします。